ご父兄のご期待に120%こたえるために 〜新学期へ向けて〜 その2 2018/03/31

前回の続きです)

そのような理由で、わたしは特定の成績の生徒さんのみを対象としているわけではありません。

合格実績を見ていただければ分かりますが、百花繚乱といった風です。

わたしの目標は、「生徒さんが第一志望校に合格すること」です。

難関であれ、中堅の学校であれ、また、比較的入学しやすい学校であれ、生徒さんの第一志望校合格が最重要です。

とは申せ、わたしの場合、難関どころを狙う生徒さんの割合が多くなっています。

家庭教師の派遣会社で仕事をしていたころと比べてもそう思います。

実際、このところの合格実績を見ても、一高・二高を筆頭とするナンバースクールへの合格者が5年連続で出ています。

また二華・青陵といった中高一貫校へも合格者が出るようになっています。

近年、ご依頼のお問い合わせをいただく小学生をお持ちのご父兄は、ほぼ全員が中学受験をお考えになっています。

合格実績が上述したようになっているのは、全くの偶然によるものです。

わたしが意図しているわけではありません。

しかし、このような合格実績が出ていること、また、そうしたところを狙っている生徒さんがいる現状を踏まえ、そういうご家庭のご期待にできる限り沿いたいと考えています。

そうしたご家庭は、受験情報の収集に非常に熱心です。

わたしも、コラムを通じ、そうした学校の受験情報を提供するようにします。

その際、「入学のための情報」のみならず、「入学後の情報」についても、取り上げるようにしています。

表題にある「ご父兄のご期待に120%こたえる」というのは、そういう趣旨です。

ご父兄も頑張っておいでです。

そうしたご父兄を引き続き、応援してまいります。

 

 

 

▲このページのトップに戻る