中学生 定期試験5教科150点未満の人たちの学習法 〜何をどうすればいいのか〜 その2 2019/04/18

前回の続きです)

また、対策としては、できる限り早く受験関係者に任せることが最善です。

受験関係者の端くれであるわたしがこういうことをいうのも、営業トークにしか響かない可能性があります。

そうお感じになる方は、そうお考えになっていただいて結構です。

以下、わたしの申し上げることに耳を傾けてくださるご父兄のみに、焦点を当てて話を進めます。

150点未満という生徒さんが、自助努力で勉強を何とかしようとするのは、限界があります。

もちろん、現状の成績でも、入学できる高校はあります。

しかし、勉強は高校入学後も続きます。

就職するにしても、物を言うのは学校の成績です。

羽生結弦選手や藤井聡太七段のように、特別な才能を持っているというのなら、話は別です。

そういうものがないのであれば、勉強をしておいて邪魔になることはありません。

受験近くになって、あわてて何とかしてくれと言われても、そう簡単に「何とかできる」ものではありません。

学習の成果というのは、いかなる生徒さんであろうと、自分の頭で考え、正答を試験場で答案に書いて初めて誰もが認めるところとなります。

ゆえに、指導者の講義を聞いているだけで、成績は改善しません。

受験関係者が、そうした生徒さんに歩み寄ることはもちろんです。

そして、生徒さんも、指導者のほうに歩み寄ってもらう必要があります。

この点をクリアすれば、受験のスタートラインに立てます。

「早め早めの対策」がここでも求められます。 

 

 

▲このページのトップに戻る