学校現場から先生の悲鳴が聞こえる その2 2022/07/24

前回の続きです)

生徒さんから話を聞くと、学校を休んでいるという先生がほんとうに多いです。

休んでいる先生のことを生徒さんに尋ねてみると、実に細かく、いろんな話をしてくれます。

仙台市内にある公立中学の場合、「エ? これで学校現場がよく回ってるな〜」というくらい、休んでいる先生が多いです。

そのため、先生が学期途中で代わるケースが意外なほどあります。

生徒さんの話を総合すると、心を病んで休職・退職するケースが相当にあるように感じています。

もちろん、生徒さんにほんとうの理由は伝えられません。

ただ、生徒さんは十分に察しています。

さらに、公立学校の場合、オンライン化は私立に比べて、遅れが目立ちます。

そのため、先生方に余計な手間がかかっているではないでしょうか?

実際、今の時期、就職する生徒が多い高校では、コピー機がフル稼働だそうです。

理由は、企業からの求人が、オンラインでなく、ペーパーを通じて行われているからです。

先般、NHKの放送で聞いた現場レポートによると、オンラインにはいろんな制約があるからだとか。

生徒さんがlineやyoutubeを日常的に利用している脇で、就職となると「古式ゆかしい」方式がいまだに続いています。

これなんかも、結局は「カネ! カネ! カネ!」の問題です。

次回に続きます)

 

▲このページのトップに戻る