まず教科書! 教科書! そして問題集 その3 2019/03/24

前回の続きです)

教科書は活用次第で極めて高得点が取れます。

重要なのは「活用次第」という点です。

教科書は、先ほどから述べてきているように、非常によい教材です。

そしてそれは、受験学習の基礎です。

また最良の参考書と言ってもいいです。

学校では、教科書を用いて授業を行うという「建前」があります。

しかし、実は、そういう「建前」のある学校の先生に対して、ついこんなことを感じてしまうのです。

「ホントに教科書、重視していらっしゃるのかな? 教科書のこと、ホントはどう感じていらっしゃるのかな?」

特にそれは、大学進学者が多い高校で顕著です。

そうした学校では、副教材として、受験参考書が配付されます。

ラインアップされたものを見ると、「ここの学校に入ってくる生徒に、この参考書は、いかにも無理筋でしょ.....」という例が多数あるのです。

特に数学!

数学は、教科書ガイドを全員に配ったほうが、はるかにレベルが上がるのに、と、いつも感じます。

「教科書はタダで配られるもの」

「教科書は学校の授業で使うもの。だから自習用には使わない。使えない」

そう考えている人が多いということなのでしょうか。

わたしも性格的に天邪鬼的な要素が強いです。

「誰も教科書を重視していない。じゃあオレが教科書をしっかり重視する」と考えてしまうのです。

ただ、教科書を重視するというわたしの姿勢は、決して間違っていないと思います。

そのため、「まず教科書」ということは、これからも、今後も、徹底していくつもりです。

 

 

 

▲このページのトップに戻る