ラテン語・ギリシア語 文法解説

 

 

綴り字の推移

ラテン語→フランス語→英語、あるいはギリシア語→ラテン語→フランス語→英語という流れの中で、ギリシア語やラテン語を英語に転写する際に、本来の綴り字が変化します。

主な推移は次のとおりです。


ギ語 ラ語 英語
katalogos→catalogos→catalog
AI AE phainomenon→phaenomenon→phenomenon
OI OE oikonomia→oeconomia→economy


例にあるように、各語の文法に合わせて語尾も変わります。




ラテン語概説 その1 品詞について

以下、ラテン語の文法について触れます。

品詞は英語とほぼ同じです。

そのうち、名詞・形容詞・動詞・前置詞が重要です。

 

ラテン語概説 その2 名詞

英語の代名詞は

he「主格(彼は)」  his「所有格(彼の)」  him「目的格(彼を)」のように変化します。

これを格変化といいます。(注)

ラテン語の場合、代名詞はもとより、普通の名詞や形容詞までもがこうした格変化をします。

<例>

@vita[ウィータ](=life)の変化

主格(バラは) 所有格(バラの) 目的格(バラを)
VITa[ウィータ] VITae[ウィータエ] VITam[ウィータム]

 

Arex[レークス](=king)の変化

主格(王は) 所有格(王の) 目的格(王を)
REX[レークス] REGis[レーギス] REGem[レーゲム]

     

上には3つの格変化を記しましたが、実際は、このほかに、呼格・与格・奪格という格変化があります。

大文字で記した部分を語幹といい、英語学習においては語幹の形を覚えることが肝要です。

主格と所有格の語幹の形が違っているものもあれば、同じものもあります。

@において、vitaはvitaminなどの語源となっており、Aにおいてrexの語幹“REG”はregalなどの語源となっています。

 

 

ラテン語概説 その3 形容詞

名詞の形に合わせて名詞と同じ変化をします。

英語において“great king”は文中の位置によって「偉大な王は」「偉大な王を」のいずれの意味にもなります。

ラテン語の場合magnus[マグヌス](=great)を例にとれば

MAGNus REX[マグヌス レークス]・・・偉大な王は

MAGNi REGis[マグニー レーギス]・・・偉大な王の

MAGNum REGem[マグヌム レーゲム]・・・偉大な王を

というふうに修飾する名詞の形に合わせて変化します。

形容詞においても名詞と同様に語幹の形を覚えることが肝要です。magnusはmagnitudeなどの語源となっています。

 

ラテン語概説 その4 動詞

英語の動詞が過去形・過去分詞・動名詞などと変化するようにラテン語の動詞も様々に変化します。英語学習においては原形と過去分詞の形を覚えることが肝要です。

<例>

@amare[アマーレ](=love)の変化

<原形> AMare

<過去分詞> AMATus[アマートゥス]

過去分詞の語幹“AMAT”の部分がamateurなどの語源になっています。

 

Afacere[ファケレ](=make)の変化

<原形> FACere

<過去分詞> FACTus[ファクトゥス]

過去分詞の語幹“FACT”の部分がfactorなどの語源になっています。




ラテン語概説 その5 前置詞

文法上、英語と同様の働きをします。

AD[アドゥ](=to) SUB[スブ](=under)DE[デ](=of)などがあります。

これらは動詞と結びついて、英語の接頭辞となっており、さまざまな意味を構成します。

 

 

ラテン語概説 その6 接頭辞の付いた動詞

日本語では「送る」+「出す」→「送り出す」  「開く」+「直る」→「開き直る」

のように「動詞」+「動詞」という組み合わせで様々な動詞を作りますが、ラテン語では「前置詞」+「動詞」で様々な動詞を作ります。

このような動詞には以下のような特徴があります。


@前置詞の音便化

日本語で「活」(かつ)+「発」(はつ)→「活発」(かっぱつ)のように、「発音しやすく」変わることがあります。

同様にラテン語の前置詞も「発音しやすく」形が変わります。

ただ「発音しやすく」というのはあくまでラテン語話者にとってということであり、必ずしも日本人に当てはまるとは限りません。

<例>

SUB[スブ](=under)+PENDere[ペンデレ](=hang)

→SUSPENDere[ススペンデレ](=suspend)

前置詞SUBがPENDereのPに引っ張られてSUSと変化します。

 

A動詞の母音変化

日本語で「雨」(あめ)+「具」(ぐ)→「雨具」(あまぐ)のように、語がくっつくと母音が変わることがあります。

同様にラテン語でも「前置詞+動詞」となったときに、動詞部分の母音が変わることがあります。

<例>

前置詞ADと動詞FACereの過去分詞FACTusがくっついた場合

AD+FACTus→AFFECTus[アッフェクトゥス]

ADが音便によりAFと変化し、FACTusが母音変化によりFECTusと変わります。なおこの形はaffectなどの語源となっています。

上述@及びAにおいて、音便による変化の仕方、母音変化の仕方は各語によって決まっています。

当座は煩雑な印象を受けますが、元の形の語をしっかりおさえれば、見分けるのに大きな支障はありません。




ギリシア語概説

文法事項はラテン語にほぼ同じです。名詞・形容詞・動詞にラテン語のような変化があることも同じです。

英語学習において、名詞・形容詞については語幹の形を、動詞はラテン語の語幹に当たる「基本形」を覚えるのが肝要です。

<例>

HISTANAI[ヒスタナイ](=stand)の基本形は“TEM”

これが前置詞SYN[シュン](=with)と結びつくと、

SYN+TEM+A(名詞を表す語尾)→SYSTEMA [シュステマ]となります。

この語はsystemの語源です。

 

 

ラテン語・ギリシア語の易しい単語を覚えよう

手始めに、よく使われる前置詞と動詞を5個ずつ覚えてみましょう。Errare_humanum_est-155-116.jpg

 

<前置詞>

 

@AD[アド]: to 「〜へ」

 admit, arrest, aggressive

 

ACOM[コム]: with 「〜とともに」 (後にCUMという形に変化)

 contract, company, collect

 

Bde[デ]: away,from 「〜から」

 deposit, devote, develop

 

Cex[エクス]: out 「外へ」

 excel, voke, effort

 

Dsub[スブ]: under 「下へ」

 submit, success, supply

 

こちらで説明したとおり、前置詞は後に来る音に従って音便化します。

 

<動詞>

 

@FACere[ファケレ] 過去分詞 FACTus[ファクトゥス]: make,do「作る」「為す」

 

factory「工場」: FACTus+ORY(名詞語尾) 「物が作られる所」

effect「効果」: EF+FECTus<EX(=out)+FACTus 「外へ向けてなされたこと」

sufficient「十分な」: SUF+FICere+ENT<SUB(=under)+FACere+ENT(形容詞語尾) 「下から支える→満足させる、満たす」

 

ADUCere[ドゥーケレ] 過去分詞 DUCTus[ドゥクトゥス]: draw 「引っ張る」

 

introduce「紹介する」: INTRO(=into)+DUCere 「中に引き込む」

introduction「紹介」: INTRO+DUCTus+ION(=名詞語尾)

 

BCAPere[カペレ] 過去分詞 CAPTus[カプトゥス]: catch 「とらえる」

capture「捕らえる」: CAPTus+URE(=名詞語尾)

reception「受け取り」: RE+CEPTus+ION<RE(=back)+CAPTus+ION(=名詞語尾) 「後に戻ってとらえる」

 

CTENere[テネーレ] 過去分詞 TENTus[テントゥス]: hold「つかまえる」

 

pertinent「適切な」: PER+TINere+ENT<PER(=completely)+TENere+ENT(=形容詞語尾)  「しっかりとつかまえる→きちんと当てはまる」

extent「範囲」: EX(=out)+TENTus+ENT 「外へ向けてとらえられたもの」

 

DVIDere[ウィデーレ] 過去分詞 VISus[ウィースス]: see「見る」

 

video「ビデオ」: VIDeo=ラテン語の「わたしは見る=I see」という形より

vision「視点」: VISus+ION(=名詞語尾)

provide「供給する」: PRO(=forward)+VIDere 「将来を見据え備える→備えの物を供する」

 

 

ご利用案内

受験生のための
ラテン語・ギリシア語概説
(導入部)
 
トップページ
 
お役立ちサイト
リンク集
         
ancient greece-155-116.jpg
 
  seo_img07-155-116.jpg

→ 詳しくはこちら

 

 

→ 入口はこちら

 

 

→ 詳しくはこちら

 

無料体験指導・お問合せ

お気軽にご相談ください 090-155-116.jpg
☆メールによる問合せ(推奨)
→お問合せフォーム

☆電話による問合せ

022−727−8677

★電話受付時は「雅興産 菊池(みやびこうさん きくち)」と出ます。


☆電話受付時間
:土曜日・日曜日・祝日を除く09:00〜20:00

※メールでのお問合せは年中無休・24時間受付

☆無料体験指導について詳しくはこちらから
▲このページのトップに戻る