復習はつまらない 〜数学先取り学習との比較から〜 その1 2019/03/25

このところ、何名かの生徒さんが、数学の学年先取りに取り組んでいます。

小学生は全員です。

中学生・高校生は、「平均点以上を取っている」生徒さん数名です。

春休みは進級の季節です。

ホワホワした春の陽気と相まって、どうしても気持ちが引き締まりません。

タガの緩みを締め直し、また新学期からの授業に備えるためにも、先取り学習は非常に有用です。

それで、生徒さんは、やらされ感満載と思いきや、意外とそうでもありません。

わたしが考えている以上に、皆さん、熱心に取り組んでいます。

通常の数学の指導をやっているときに比べ、目の色や真剣さが違います。

どういう分野であれ、意欲的に取り組むのはよいことです。

わたしも、先取り学習の指導中、生徒さんの「熱気」を感じています。

とはいうものの、先取り学習ばかりもしていられません。

その生徒さんの習熟度にもよりますが、必ず前に戻る必要があります。

「三歩進んで二歩下がる」という、水前寺清子さんの教え(?)は、しっかり守らなくてはなりません。

ところが、「前に戻って復習」となると、途端に生徒さんの志気が下がります。

生徒さんは口に出して言うことはありませんが、目がそう語っています。

「目は口ほどに物を言う」とは至言です。

もちろん、生徒さんとしても、復習の重要さはよく分かっているはずです。

では、なぜ復習となると、志気が下がってしまうのか.....

要は、「復習はつまらない」からです。

次回に続きます)

 

▲このページのトップに戻る