東北学院榴ヶ岡高校 特別推薦入試について 〜大バーゲンを辞めたわけ〜 その4 2019/07/16

前回の続きです)

第2点目が、部活動との兼ね合いです。

榴ヶ岡高校は、特別推薦を3.0にして、部活動に積極的な中学生の取り込みを図りました。

しかし、中学と高校の部活の違いを理解していない人が多かったそうです。

その結果、学校が考えていたような成果が出なかったというのです。

教頭先生のご指摘になった「中学と高校の部活の違い」というのが、具体的にどう言うことなのか、席上では聞きそびれてしまいました。

ただ、いずれにせよ、学校側はこの点をきちんと見ていました。

そして、必要評定3.0にしてしまったことに対しては、メリットがないと判断しました。

ちなみに榴ヶ岡高校は、推薦合格者も、一般入試受験者と同様の試験を受ける必要があります。

その際、一般入試合格者と推薦入試合格者との平均点の違いが、「高校入試懇談会」の席上で示されました。

それによると、推薦合格者は、1科目当たり7〜8点近くも、一般合格者より低い数字でした。

以上の数字は、手元に資料が配付されず、パワーポイントで示されました。

よって、わたしのうろ覚えです。

何となく予想されていたこととはいえ、これだけ推薦合格者が、一般合格者に水をあけられてしまっています。

一般合格者と推薦合格者が用意ドンで高校の授業を受ければ、その後の差はおよそ想像がつきます。

「榴ヶ岡高校の特別推薦で入れりゃイイってもんではないでしょ!」とわたしが主張するのは、この点にあります。




▲このページのトップに戻る