「この問題、もらった!」と思ったときに要注意! その1 2019/12/10

試験問題は難易取り混じって様々な問題がひしめいています。

平常心で解けるもの、注意を要するもの、いろいろです。

試験場で問題を解いていると、「この問題、難しいな〜」とか「これはできるな〜」などと数多くの考えが頭をよぎります。

その際、「この問題、もらった!」と感じる瞬間があります。

長く悩んで答えが浮かんだとき、易しい問題で取っ付きやすいものだったりしたときがそうです。

しかし、わたしの経験から申し上げると、こういう瞬間が一番危険です。

先を急いでミスをする可能性が非常に高くなるときです。

学習の苦手な生徒さんの場合は、特に注意を要します。

彼らは相対的に見て、解ける問題が多くありません。

分からない問題がたくさんあります。

そうした中で、解けそうな問題が出てくると、「あ!これ、見たことある!」「これは解けそう!」と考えてしまうのでしょう。

とにかく急いで解こうとします。

彼らは平均的な生徒さんに比べて、「問題を間違うポイント」を押さえていません。

これがある程度できる生徒さんですと、どこでミスをしやすいかが経験上で分かっています。

ところが、学習の苦手な人は、それが分かりません。

「間違うポイント」へ容易にはまってしまいます。

次回に続きます)

 

▲このページのトップに戻る