高校入試直前期 これだけは避けたい その1 2020/01/26

先日の中学入試を皮切りに、私立高校推薦入試、センター試験等々、いよいよ本格的な入試シーズン到来となりました。

そうした折、入試直前期の学習をどうするかということは、ご父兄の方としても気が気ではないはずです。

そこで今回のコラムでは、高校受験生をお持ちのご父兄を対象として、この時期に避けたいことを記します。

ご父兄の中には、これまで使用してきた教材以外に、市販のものを買い与えて「これをやっておきなさい」とおっしゃる方がいらっしゃいます。

ご父兄としても、この時期に子息の学習が心配なのはよく理解できます。

また「買い与えた」ことで、ご父兄自身の不安が解消されるという側面もあります。

しかし、これは一部の例外を除いて避けたほうが無難です。

こうした場合、往々にしてご父兄は新たな教材を買い与えるだけです。

その後のフォロー・チェックはしていない場合がほとんどです。

むしろやるとしたら、これまでの教材の復習、解き直しを行ったほうが効率的です。

こちらは入試直前期に大きな意味を持ちます。

新しいものは、学校から演習プリントを配付されたり、塾などで「入試直前テスト」のようなものが実施されます。

それをこまめに復習していけば、多くの場合、それで間に合います。

ご父兄がフォロー・チェックするとすれば、こちらのほうです。

次回に続きます)

 

▲このページのトップに戻る