オンライン指導奮戦記 〜集団指導との違い〜 その1 2020/04/17

先般メインサイトやツイッターにて発表しました通り、このたびskypeやLINEによるオンライン指導を行うことにしました。

わたしも長いことこの仕事に携わっていますが、オンライン指導というのは初めてです。

大手予備校や塾などの集団授業ならば、オンラインによる指導もかなり機能します。

しかし、わたしのような家庭教師は、そういうところとは相当に勝手が違います。

そもそも、大手予備校や塾の集団指導は、「生徒が塾に合わせる」ことが基本です。

一方、わたしの場合は、「講師が生徒に合わせる」ことが基本です。

加えて、「映像配信→生徒さんがそれを受け取る」という一方向だけの指導ではありません。

生徒さんの表情を見たり、あるいは生徒さんがわたしの表情を見たりする双方向で、わたしの指導は成り立っています。

そんなわけで、家庭教師のオンライン指導は、かなりの困難を伴います。

さらに、生徒さんも小学生から大学生まで百花繚乱といった風です。(ちょっとアゲ過ぎ?)

使用テキストひとつとっても、人数分を考えると、かなりの数・量になります。

そうした事情を踏まえてのオンライン指導です。

超えるべきハードルは、集団指導のケースと比較するとかなり大きくなります。

次回に続きます)

 

▲このページのトップに戻る