英語・国語の長文 〜「読まずに解ける」を扇動する受験関係者の非常識〜 その1 2020/05/23

先日、ツイッターを見ていたら、次のような趣旨のツイートが目にとまりました。

 

.....受験関係者の中で、英語・国語の長文を全部読む必要はないと指導している人がいる。

そういう人は、「これこれ、こういうやり方をしたり、こういう読み方をすべき」と言っている

こういう指導者には要注意。


わたしはこのツイートを見て、

「どこにでもいるんだな、こういう人.....」

と、思わず大きなため息をついてしまいました。

というのも、わたしは、生徒さんを通じて、このケースと同じような指導をしている人の存在を知ったからです。

その生徒さんというのは、中学生です。

そして、その生徒さんが通う塾の講師の方というのが、「英語の長文を全部読まなくても答えは出せる」と指導しているそうです。

そして、その際のテクニックを教えてくれているというのです。

そのようなわけで、その生徒さんは、「英語・国語の長文を全部読む必要はない」という風に思い込んでいるようでした。

何とも罪深い受験関係者がいたものです。

わたしは、上述したツイートを見るまで、自分の胸の内にとどめておこうと考えていました。

が、同じような受験関係者がほかにもいることを知り、さすがに黙っていられなくなりました。

次回に続きます)

 

▲このページのトップに戻る