試験ピカイチ・内申ボロボロの中学生男子! 心の中に入れ墨を! その1 2020/07/13

わたしの生徒さんが通っている塾の同級生に、かなりユニークな中学生男子がいます。

彼は、試験の成績はピカイチなのに、内申がボロボロなのだそうです。

理由は、提出物を出さないなど、授業態度に問題があるからだとか。

その男子は、その界隈ではちょっとした有名人のようです。

わたしも以前から彼のうわさは耳にしていました。

最近、どういう経緯だったかは忘れましたが、複数の生徒さんから彼の様子を聞く機会がありました。

その話を聞き、わたしは「彼の心の中にはしっかり入れ墨がしてあるのかな?」と、ちょっと気がかりになりました。

「心の中に入れ墨?????」

あまり穏やかな表現ではありません。

以下は、わたしが彼のような中学生男子にあてた独白です。

わたしが彼に伝えたいのは、結論から言いますと、「内申評定を一切顧みず、本番頼みで公立高校の受験をするつもりなら、実に立派!」

彼の第一志望は、某ナンバースクールだそうです。

たぶん、頭脳明晰な彼なら、自身の授業態度が公立高校の入試にどのような影響を及ぼすか、知らぬはずはないでしょう。

こうなると、カタギの衆と同じような入試はできません。

ボーダーラインでせめぎあえば、彼は奈落の底に直行です。

ヤクザ者ならヤクザ者らしく、内申点はきれいさっぱりと断って、入試に臨んでほしいのです。

次回に続きます)

 

▲このページのトップに戻る