「怒る」と「褒める」の使い分け その3 2020/11/04

前回の続きです)

とはいうものの、「怒る」と「褒める」をいかに使い分けるかについては、基本的に「下げて上げる」方式を採っています。

この「下げて上げる」とは?

それは、「怒る」でも「喝入れ!」でも、生徒さんを叱責したあとは、「でも、あなたにはこういう長所があるわけだから.....」などとフォローしておくように努めているということです。

要するに「どこかにわずかなりとも逃げ道を用意しておく」ようにしています。

雪隠詰めのようなことをやるのも、指導の方法としてはあり得るかもしれません。

しかし、受験指導は一日二日で終わるようなものではありません。

となれば、ほんの少しは「甘さ」のあったほうが、長い目で見るとよい結果になるような気がしています。

もちろん、ここで重要なのは、「ほんのちょっぴりだけの甘さ」です。

少なくとも、わたしのような指導形態を取る受験関係者はそうです。

四の五の言っても、怒ろうが、褒めようが、結論としては、「結果が出る指導は、よい指導」となります。

幸いにして、わたしの場合は、真面目にやっている生徒さんも、不真面目にやっている生徒さんも一緒くたにして怒ったり、褒めたりという指導形態ではありません。

そういうところは、いかようにも融通が利きます。

この点が、家庭教師という「究極の個別指導」の強みともいえます。

 

 

▲このページのトップに戻る