小学生の公文 いつまでやるか その3 2020/11/16

前回の続きです)

公文の創始者は、もともと高校の数学教師でした。

彼が、数学の計算を主とした自学自習形式の教材を作ったのが、公文の始まりです。

それゆえ、公文のテキストというと、「算数・数学・計算・何回もやる」をイメージしている方が多いのではないでしょうか。

しかし、わたしは公文の国語テキストを是非お勧めしたいです。

国語テキストで扱っている文章は、内容がバラエティーに富んでいます。

読書という点から見ても、非常によい教材です。

ただ国語のテキストの場合は、数学の計算問題以上に「即効性」がありません。

つまり、これを続けていたからといって、国語の試験の点が劇的に改善されるというものではないのです。

こういう点からも、国語を公文で続けていくというのは、食指が動きづらいかもしれません。

とはいうものの、国語のテキストを「質のよい文章の読書」と考えると、そこに意味を見出すことができそうです。

常日頃、「うちの子はさっぱり本を読まない」と嘆くご父兄が多いからです。

そして、このテキストは、当然読みっぱなしというわけではありません。

内容に関する質問があります。きちんと読めているかのチェックがされます。

小学生をお持ちのご父兄は、こういう点も考慮に入れるとよいです。

 

 

▲このページのトップに戻る