中3生 数学の進み具合 その1 2021/06/20

中3生は総体が終わりました。

来週は中間試験が各所で行われます。

そういう折、中3生の数学の進み具合について書くことにします。

今回取り上げるのは、いちばん学習の進んでいる生徒さんについてです。

その生徒さんの場合、春休み中に、中3までの範囲は学習が一通り終わっています。

教科書と教科書ガイドを使いながら、例題と練習問題をひたすら解いていくという、極めてシンプルかつオーソドックスな方法で、学習を進めて行きました。

ですから、一応、中3の新学期が始まった時点で、高校入試問題は解けるという「建前」はできています。

ただ、これはあくまで「建前」です。

「中学の範囲は終わりました」と言っても、ペンキ塗りで言えば、下塗りが1回終わったというだけです。

それ以降、何度も上塗りをして行かなくてはなりません。

事実、二次方程式の解の公式なんかは、繰り返し一定数以上の問題を解かないと定着しません。

今、取り組んでもらっているのが、学校の副教材ワークです。

ドンドン解き進めて行っています。これももうすぐ「一丁上がり」です。

学校の副教材ワークは、主として定期試験のための学習を想定して作られています。

問題も基本となるよい問題がたくさんあります。

これを先取りに活用しない手はありません。

次回に続きます)

 

▲このページのトップに戻る