志望校の目標は早く持つべし! その3 2021/12/10

前回の続きです)

生徒さんへは志望校について、具体的にこんな話をしています。

 

.....あなたは成績が平均ちょい下くらいで、勉強はあまり好きでないみたいだから、今の段階で、普通高校に行くのか、商業・工業のような実業系の高校に行くのか、まずそれを決めてみては?

大学に行くより、就職か専門学校が似合ってるイメージですよ。

.....成績や志向からして、何となくあなたは文系じゃないですね。

理系でも薬学部、薬剤師あたりだと向いてそう。

○○大学なら今の成績から言っても目指せますよ。

 

こういうことを、何かの機会に触れるようにしています。

もちろん、「目標」はこういうものでなくても構いません。

「自分はできるだけ偏差値の高いところに行きたいから、絶対に○○高校にする」というものでもOKです。

要は、「どうしても○○高校に!」という「執着心」が必要なのです。

成績アップに関係してくるのは、「目標に対する欲の強さ」です。

目標それ自体は、二の次、三の次です。すると、生徒さんとしても、勉強に身が入ってきます。

わたしがこれまで経験してきたことによれば、受験学習では「目標を持つこと」が土台です。

ここがグラついたり、ハッキリしない限り、どんなに優秀な先生に指導してもらっても、いかすことができません。

受験指導をしていると、この点を痛感します。

 

 

▲このページのトップに戻る