仙台二高の硬式野球部ってどうなの? 〜勉強と部活のバランスのとり方〜 その2 2022/04/15

前回の続きです)

硬式野球部というのは、運動系の部活の中で、ハードさに関しては最上位です。

ですから、二高の硬式野球部員もハードな練習に耐えているはずです。

また、彼らは他の生徒と同様の条件で勉強もしています。

そうした中、今春、硬式野球部員2人が、現役で東大に合格しています。

それを報じる記事はこちらです。

この記事によると、硬式野球部から現役東大合格は、部の創設以来とか。

二高の校是である「文武一道」を文字通り具現化したと言えます。

「勉強も部活も」という意味で「文武両道」というフレーズは、いわゆる進学校と言われるところでよく使われます。

二高の場合は、それをさらにバージョンアップして、「一道」としています。

当然の話ですが、誰もが彼らのように「文武一道」ができるわけではありません。

ただ、「部活に力を入れていて、勉強のほうが疎かになった」という言い訳は通用しないと考える必要があります。

あくまで学生の本分は、「学習」だからです。

ちなみに、前回のコラムで紹介したわたしの生徒さんに、上で紹介した記事を見せたところ、苦笑いを浮かべながら、

「自分とはそもそも頭の作りが違う。

でも、勉強は疎かにできないなあ」

と語っていました。

そうした意識が大切なのだと思います。

 

 

▲このページのトップに戻る