中学生 塾で用意してくれない「これはあったほうがいい教材」 その1 2022/04/16

この時期、学期が新しくなったことに伴い、学校や塾からいろんな教材が山のように来ます。

どれもこれも大切です。

塾通いをしている生徒さんは、「学校の教材+塾の教材」で勉強していくことになります。

これで一応は、何とかなります。

ただ、それ以外にも「これはあったほうがいい」と思われる教材があります。

今回は、中学生向けに、塾では用意してくれなさそうで、「これはあったほうがいい教材」を紹介します。

そして、「あったほうがいい度」を10点満点で付けてみます。

 

(1)教科書

<あったほうがいい度 10点>

教科書をここに含めるべきかについては、ちょっと異論があるかもしれません。

最近、学校では「置き勉」と称して、学校への教科書置きっぱなしを認めています。

通学の負担を軽くするためです。

ただ、自分が勉強しようとするとき、教科書は常に手元に置いておくべきと、わたしは考えています。

生徒さんは、教科書を「学校で使うもの」という先入観があるようです。

確かにそれはそうですが、教科書は「学校だけで使うもの」ではありません。

教科書は非常によくできた参考書です。

「置き勉」をするなら、教科書をもう1冊購入するという方法があります。

教科書は、宮城県教科書供給所で購入可能です。

次回に続きます)

 

 

▲このページのトップに戻る