高校数学 赤点脱出の救世主「教科書ガイド」 その3 2022/04/21

前回の続きです)

わたしが彼らのように、数学赤点に陥っている生徒さんを見ていてちょっと驚くのは、彼らが「教科書ガイド」の存在を知らないことです。

学校では、傍用問題集として、「チャート」などの参考書が配られます。

この参考書はかなり分厚いです。

彼らのような生徒さんは、その厚さだけでも、7割くらいはやる気を失ってしまうでしょう。

「チャート」には、解答・解説がついています。

しかし、肝心の教科書の例題、練習問題の解答・解説がまとめてあるものが、この世に存在することを、彼らの多くは知りません。

事実、彼らに「教科書ガイド」を購入し、内容を見せると、彼らはビックリします。

彼らから聞くのは、「教科書ガイドは分かりやすい」「詳しい」という称賛の言葉です。

それから、いつぞや、こういうこともありました。

わたしの生徒さんが「教科書ガイド」を使っている姿を、クラスメイトたちが見て、「世の中にこういうものがあるのか!」と彼らは大喜び。

早速に「教科書ガイド」を買い求めて、数学の勉強がしやすくなったと、生徒さんはクラスメイトたちから感謝されたのだそう。

わたしからすると、「教科書ガイド」でそんなに喜んでもらえるとは、うれしい半面、戸惑いもありました。

数学の赤点に苦しんでいる高校生は、「教科書ガイド」の活用を考えてみてはいかがでしょうか?




▲このページのトップに戻る