二華中・青陵中の新1年生 「深海魚」にならないために その3 2022/05/03

前回の続きです)

そもそも、二華・青陵の入試のときには、「本人が主役、親が伴走者」でした。

親のサポートなくして、中学受験の突破はできません。

しかし、中学に入ると、定期試験にせよ、模試にせよ、親の手からかなりの部分が離れていきます。

「離れていく」ということは、子息本人が自分の力で、時間などの管理をやる必要が出てくることを意味します。

中高一貫校向けの塾にしても、内容は基本的に「6年後の大学入試に向けて」というものです。

個別指導でない限り、目の前にある試験のための対策は、子息自らが行います。

「指示通りにやっていればいい」という中学受験の仕組みに慣れ切ってしまうと、そうした指示がなければ、学習量の不足に陥りがちです。

そうなると、「深海魚」状態あるいは、その予備軍です。

以上は、「『深海魚』状態=望ましくない」という前提での話です。

中には、「深海魚」状態は、あまり気にならない、学校生活は普通に送れている、という生徒さんもいるでしょう。

ただ、わたし自身が同じ立場になった場合、耐えられる自信がありません。

そして、「深海魚」状態になって、わたしの元に来る生徒さんを見ていると、「深海魚」でないほうが、「深海魚」状態よりもずっといい、ということを実感します。

それゆえの今回のコラムです。

 

▲このページのトップに戻る