受験関係者とゴールデンウィーク その2 2022/05/05

前回の続きです)

わたしのゴールデンウィーク期間はというと、普段通りに仕事をしています。

一昨年・昨年は、コロナの自粛期間ということで、部活動もなく、いつもと同じペースで指導をしていました。

今年は、部活やら何やらで、「普段のスケジュールよりはちょっと少ないくらい」のペースでの指導日程です。

「コロナ前」に戻りつつあるのも、こういうところから感じます。

ゴールデンウィーク期間は、いつもですと、夜に行う指導を、日中に時間を繰り上げるというスケジュールが多いです。

他の受験関係者の方は分かりませんが、わたしにとっては、これだけでも十分に「休養」になります。

時間をずらしただけですが、昼に指導をするのと、夜にやるのとでは、心理的に随分違います。

夜に仕事がないと、家族と過ごせる時間が増えます。

それから、この時期に仕事の整理をしたりもします。

そんなわけで、ゴールデンウィーク期間は、ゆったりと時間が流れている感じです。

物理的な時間は全く変わらないのですが。

ただ、このゆったりとした時間は、中総体・高総体が終わったあたりから、一変します。

この大会の後には、1週間後くらいに有無を言わさずに中間試験が控えているからです。

さて、この時期、6月中旬以降のため、少し緩やかに過ごすとしますか...

 

▲このページのトップに戻る