新高1生 古典を毛嫌いしないための「予防接種」 その1 2022/05/10

わたしが高1生を4月の新学期から担当する場合、気に留めていることが二つあります。

一つ目は、数学でこけてしまわないようにすることです。

二つ目は、国語の古典を毛嫌いしないようにすることです。

今回は、第2点目の「国語の古典を毛嫌いしないようにする」ところに焦点を当ててみます。

古典について、ご父兄に話を伺うと、よい思い出のない方が多いようです(苦笑)

わたしの生徒さんのご父兄は、学生時代、勉強を熱心にされていた方が多いのです。

が、こと古典となると、「自分も、古典は苦手でした」と、苦笑いとともにお話になる方がほとんどです。

それから、ある進学塾の塾長さんは、高校時代、古典が苦手だったそうです。

そのため、古典を「捨て科目」として、数学でその穴埋めをしようとなさっていたという趣旨のことを、ご自身のブログへお書きになっていらっしゃいました。

わたしの正直な印象としては、

「この塾長さんほどクレバーな方なら、古典なんかは大したことがなかったはずなのに.....

何ともったいない!」

です。

そういうことが現実としてあるため、わたしは「古典を毛嫌いしないための予防接種」のような指導を生徒さんに施しています。

おかげさまで生徒さんからのウケは非常にいいです。

次回に続きます)

 

▲このページのトップに戻る