私立高スポーツ推薦 ご父兄が留意すべきこと その3 2022/05/15

前回の続きです)

一般的な生徒の場合、大学進学をするというのであれば、入試を受けて合格する必要があります。

入試を受けての進学は確かにハードです。

しかし、スポーツ推薦進学のように、監督の顔色をうかがう必要がありません。

スポーツ推薦進学をしようとすれば、一般的な入試よりは、相当に楽です。

スポーツ推薦とはいえ、早稲田・慶応といった名門校の卒業生にもなることができます。

その一方、監督の意向には逆らえません。

前回のコラムで「学校はそもそも勉強するところ」であると述べました。

そもそも勉強する所である学校というシステムの中で、部活で進学・就職しようと考えるから、窮屈で理不尽なことが起きるわけです。

さらに、今回問題になった秀岳館高校の監督のような人物は、公立高校と違って数年後に別の学校へ異動するということがありません。

そして、彼はあまりにどっぷりとサッカー村という世界に浸り過ぎています。

「今まで何の問題もなくやってきたのに、何で突然こんなことになってしまうんだ」と、彼は腹の中で語っていると思われます。

スポーツ推薦で私立高に進もうと考えている中学生、あるいはそういう生徒さんのご父兄は、今まで述べたようなリスクがあること、心に刻んでおいてほしいものです。

 

 

▲このページのトップに戻る