コツコツやるのが向かなくて... 「向いている」人なんていない! その3 2022/05/20

前回の続きです)

わたしが勤め人を辞めてから、フリーランスという形で曲がりなりにもやってこられたのは、このコラムやyoutube動画など、「世間様への継続的な発信」があったからだと思っています。

この中で、いちばんキツいと感じるのは、コラムの執筆です。

youtube動画は、時間がかなりかかります。

しかし、キツさという点では、コラムのほうが大変です。

文章を書くのに比べると、頭や体への負担はものすごく大きいわけではありません。

一方、コラムは1日分を書き終えると、結構グッタリします。

文章を書くというのは、かなり頭に負荷がかかっているのでしょう。

数学の難問を解いているときの感じによく似ています。

業務・広告宣伝の一環としてネットでの発信をしようとすれば、「コツコツやるのは向かない」などとは言っていられません。

となれば、学習においても同じことが言えるのではないでしょうか。

「やらなくてはならないことは、分かっている」

そうなんです。

誰もがそれは分かっているんですね。

あとは、それを実際に、目に見える形で、行動に移しているかどうかの話となります。

わたしも生徒さんに向かって、「コツコツに向いている人なんていない」と語る以上、わたし自らが率先垂範していかなくてはいけません。

かなり大変ではありますが.....




▲このページのトップに戻る