仙台高専入試と公立高校入試 似ている点 違う点 その2 2022/05/26

前回の続きです)

それから、仙台高専の入試と、宮城県公立高校入試とで、似ているところを2点記します。

 

1.入試科目は5教科

高専の学力入試、公立高校入試とも、入試科目は国数理社英の5教科です。

高専の場合は、どちらかというと、「国語・社会が苦手・嫌い・興味を持てない」という生徒さんが多く集うようです。

高専の性格上、入試が数理英に重きを置かれるのは、十分に理解できます。

ただ、ここで大切なのは、国社もそれぞれ100点満点の試験が課されている点です。

ここを軽く見ると、合格はおぼつかなくなります。

 

2.出題される問題の基本部分は同じ

高専の入試問題にしても、公立高校の入試問題にしても、基本となる部分は同じです。

入試問題を見ると、「高専入試=公立高校入試+α」という感じになっています。

ここでいう「+α」は、数理英の部分で「ちょい応用問題」が問われるという風に考えてください。

公立高校入試とは、8割から9割弱くらいが基本部分で同じです。

ですから、高専入試対策も、基本の部分は公立高校入試と同じです。

高専入試向けに備える必要があるのは、「+α」の部分です。

これは、過去問を解いていくなどして、レベル・入試形式に慣れておく必要が出てきます。

 

 

▲このページのトップに戻る