「二華・青陵」落ち受験生 その後のリベンジ具合 その1 2022/06/18

今回のコラムは、二華中・青陵中を目指すご父兄向けです。

6月半ばを過ぎたところですが、二華中・青陵中の入試まで、半年ちょっとです。

「残念でした」となった場合については、あまり想定したくないというのが人情です。

そうした中ではありますが、「残念でした」となった場合、受験生が、中学・高校とどうなるのかについて、語ってみます。

まず、受験指導をしていると、「二華・青陵残念」という受験生とは、結構な確率で出会います。

二華・青陵合計で、毎年700人くらいが入試に臨んでいます。

また、そういう受験生のご家庭は、受験に対して意識が高いです。

そうなると、「二華・青陵残念でした」という生徒さんと出会う確率が結構あるというのも、納得がいきます。

そして、「残念でした」の度合いも、これまた様々です。

「合格まであともうチョイ」という生徒さん.....

「記念受験的な要素が強い」という生徒さん.....

学力もかなりバラつきがあります。

難しい問題も解ける生徒さんがいる一方、基本が抜けたまま受験に臨む生徒さんもいます。

ただ、どういうケースであっても、「毎日、一定時間、机に向かう」という習慣は付くようです。

次回に続きます)

 

▲このページのトップに戻る