高1生 はじめての進研模試 速習ガイド その3 2022/06/28

前回の続きです)

今回述べた進研模試、実際の平均点を学校ごとに示します。

手元にある資料は以下の通りです。

進研模試平均点学校別.jpg



ここでの平均点は、実施された進研模試の年度が一緒ではありません。

ですから、「だいたいこんな感じ」ということでご理解ください。

「偏差値」は、「みやぎ模試」偏差値です。

「平均点」は、国数英3科目を100点満点に換算した数字です。

ここに示した「平均点」を見ると、これまで経験してきた定期試験・模試とは、かなり違うことが分かります。

全体の平均が30点台半ばくらいです。

二高の平均にして60点台半ばです。

彼らは、つい3か月前、入試で平均85点くらいをとって入学したわけです。

宮一に至っては、平均50点を切っています。

宮一にして、進研模試の平均が半分行かないというところにも、進研模試のハードさが出ています。

上の表を見ると、「全体の平均くらい」が、泉高校やウルスラtype2に該当します。

この模試には、西高・利府高といったところも参加します。

両校のみやぎ模試偏差値は、44です。

このクラスの高校ですと、平均点は、だいたい10点台です。

この偏差値に達しない高校、実業系の高校は、希望者だけの受験だったり、参加しません。

まずは、新高1生の皆さんは、夏休み前にもうひと頑張りです。

 

 

▲このページのトップに戻る