二華中1年生の英語 効率よく点を取るためには? その2 2022/07/31

前回の続きです)

(2)副教材ワークをしっかりと

二華中1年の英語では、「ニュートレジャー」が教科書として使われること、前回のコラムでお話しました。

そのボリュームが膨大であることもお伝えしました。

二華中1年生には、この「ニュートレジャー」以外に、副教材ワークが配られます。

この副教材ワークは、「ニュートレジャー」と連動したものではありません。

基本的な文法を身に着けるというのが目的です。

この点、教科書の内容とピッタリ合った副教材ワークが配付される公立中学とは違います。

二華中の定期試験には、この文法問題集からも出題されます。

こちらのほうは、8割などと言わず、「完璧」を目指す必要があります。

この副教材ワーク自体は、問題数も多からず、少なからず、ほどほどという感じがします。

厚さとしても、それほどでもなく、よい教材です。

これは、定期試験対策として使っていくのは言うまでもありません。

それ以外に、実力試験・模擬試験対策としても、役に立ちます。

二華中1年生の英語は、入学してしばらく、生徒間の実力が「紙一重の違い」です。

ちょっとしたミスが出ると、あっという間に順位が下がってしまいます。

ですから、「ヒットを打つよりエラーをしない」学習が求められます。




▲このページのトップに戻る