小中学生で平均点の取れない生徒さんのプラス10点のために 〜用語を訓読みで考える〜 その2 2017/06/18

前回の続きです)

前回述べたようなことがあり、平均点の取れない生徒さんは「よく分からない意味の言葉」に対して、あまり頓着しません。

何しろ、「よく分からない意味の言葉」が山ほどあるのです。

いちいち気にしていたら、彼らも身が持たないでしょう。

逆に成績優秀な生徒さんは、「よく分からない意味の言葉」を黙って見過ごすことはしません。

何とかして分かろう、調べようとします。

それは彼らにとって、「全部きちんと分かっていること」が常態だからです。

国語力の不足ということは、文章の意味が正確に読み取れないということや、語彙が少ないというのも含まれます。

語彙が少ないということは、文章に書いてある言葉の意味が理解できないということです。

設問の意味することが分からないとしたら、その生徒さんから正確な解答が出るはずはありません。

「よく分からない意味の言葉」というのは、学年が進むにつれて増えていきます。

それは日常生活において、学校以外で目にすることのない用語の群れです。

平均以上の生徒さんなら、例えば「露点」「連立方程式」という言葉に初めて触れるとき、字から「だいたいこんな意味だろうな」という連想をします。

「露点」というからには、「露(つゆ)に関係する点を言うんだな」.....

「連立方程式」というからには、「式が連なって立つ、並んでいるものなんだな」.....

という具合です。

そしてさらに学習を進めていって、「ああなるほど、正確にはこういう意味か.....」と納得していきます。

次回に続きます)

 

 

▲このページのトップに戻る