将来への展望のない中高校生の皆さんへ 〜いつまで親のスネかじりを続けるのですか?〜 その2 2017/07/18

前回の続きです)

わたしから学習面での足りなさをいろいろと指摘されても、A君はまるっきり聞く耳を持とうとしませんでした。

反抗的なわけではないのですが、「やっていない自分」を省みたり、卑下したりすることなく、実に堂々としていました。

逆にわたし自身が「これだけ堂々としてるなんて、もしかして自分のほうが間違っている?」と、ときどき錯覚するほどでした(笑)

A君に一度、「その堂々さはどこから来ているのか」と尋ねたことがあります。

A君の回答は次のようなものでした。

 

〜自分が生まれたのは、自分の意志ではない。産むのを決めたのは親である。

〜だから親は自分を育てる義務がある。

 

これは筋が通っているように聞こえますが、いつまでも親が生きているわけではありません。

その点を指摘すると、そこまで深く考えているわけではないようでした。

他の生物に比べて、哺乳類は親が子供を保護する期間が長いです。

とはいうものの、その期間は永遠に続くわけではありません。

そんな彼の言うことを聞いていて、「落語に出てくる若旦那みたいだな」と感じました。

落語の若旦那というのは、大きな商店の道楽息子です。

「道楽が好き、親の稼いだおカネを好きなように使う、プライドだけはやたらと高い、反省なし」です。

親孝行で、商売熱心で.....というような人は出てきません。

そういう若旦那が親から勘当されるという場面もよく出てきます。

次回に続きます)

 

 

▲このページのトップに戻る