成績いろいろ 勉強法もいろいろ 〜平均点の取れない中学生に合った勉強法とは?〜 その2 2018/05/14

前回の続きです)

ですから、特に中学生について、「勉強法」といった場合、大別して3つに分けるべきと考えています。

具体的に申し上げると次の通りです。

 

(1)平均点の取れている人

(2)偏差値40以上49未満(100人中50番〜85番くらい)

(3)偏差値40未満(100人中85番から下)

 

中学生に関していうと、ほんとうはもう少し細かい分類でもよさそうな気がしています。

(2)(3)の生徒さんの場合は、「勉強法」以前に「分からないところが分からない」「学習の習慣がついていない」という人が大部分です。

ですので、「自分がこれに当てはまる」という人は、まず以下の2点をやってもらえれば十分です。

 

(1)授業をまじめに受ける

(2)学校から指示された提出物は、誠意を込めて書いて提出する

 

ほんとうは、「毎日、コツコツとやる学習習慣を身につける」というのを入れたいところです。

が、「分からないところが分からない」「毎日勉強すると言っても、何をやればいいのかが分からない」という人がかなり多いはずです。

塾や家庭教師などの指導者の下で学習している場合は、そこの先生の指示に従っていけばOKです。

そういう指導者がいない場合は、自力で副教材ワークを地道に進めていくことくらいしか、わたしには思い浮かびません。

かなり難しいですが.....

次回に続きます)

 

 

▲このページのトップに戻る