「うちの子、入る高校ないかも.....」と感じたら その3 2020/04/27

前回の続きです)

2.私立高校推薦・専願

私立高校の入試には、大きく分けて2種類あります。

ペーパーテストを行う「一般入試」、ペーパーテストを行わない「推薦入試」です。

また、ペーパーテストを行う一般入試でも「専願」と呼ばれる受験方法があります。

「専願」というのは、

「合格したら、必ず入学します。その代わり、試験の点は大目に見て下さいね」

というものです。

「推薦入試」というのは、面接・作文などが実施されます。

ペーパーテストが行われません。

実施は1月半ばです。

「専願」は、2月初旬に他の受験生と同様にペーパーテストでの入試が行われます。

「うちの子、入る高校ないかも.....」とお考えになるケースというのは、多くが定期試験で5教科150点取れていない場合と思われます。

5教科150点未満というと、1教科30点を取りかねている生徒さんです。

全体から見ると、おおむね7%前後の生徒さんが該当しています。

つまり100人中93番から下です。

そうした際でも、「推薦」や「専願」を使うと、不合格になることはまずありません。

私立高校は基本的にコース制を採っています。

最も入りやすいコースであれば、ほほ合格します。

次回に続きます)

 

▲このページのトップに戻る