偏差値44〜49の中学生はどこの高校へ進学したらいいの? その3 2020/09/16

前回の続きです)

一方、私立高校において、公立高校の普通科に当たる学校・コースは次の通りです。

☆印は女子のみ募集です。

 

◎学院榴ヶ岡 泉区天神沢 

・総合進学 49

・TG選抜 47

☆仙台育英 外国語 47 多賀城市

☆仙台白百合 LI 49 泉区紫山

☆宮城学院 総合進学 47 青葉区桜ケ丘

☆常盤木 青葉区小田原

・国際 45

・スーパー両立 49

◎尚絅 総合進学 44 青葉区広瀬町

◎聖和学園 

・特進アドバンス 47 若林区木ノ下

・特進パイオニア 47 太白区土手内

◎ウルスラ 尚志 45 若林区一本杉町

☆ドミニコ 特進 46 青葉区角五郎

 

偏差値44から49の間にある普通科公立高校は、前回述べたように仙台市内に仙台高校、西高の2校のみでした。

東高英語科を加えると3校です。

そういう公立高校に比べると、私立高校の場合はかなり選択の幅があります。

私立高校の多くはコース制を採っています。

コース制というのは、専攻(例えば普通科、商業科など)の違い以外に、個々の生徒さんの習熟度の違いで分けられています。

例えば、ウルスラの尚志コースは偏差値45です。

そして同じウルスラでもタイプ1コースは偏差値66です。

この数字は仙台一高と同じです。

ご父兄が中学生のころは、習熟度別にコースが分かれているということが、あまり一般的ではなかったと思います。

現在の私立高校では、それが通常のスタイルになっています。

次回に続きます)

 

▲このページのトップに戻る