二華中英語教科書「ニュートレジャー」について その2 2021/06/15

前回の続きです)

この教科書を入学直後に与えられ、ガンガン進んでいくことを考えると、二華中の生徒さんといえども、結構ハードなのではないでしょうか。

確かに彼らは小学校でも英語の授業があります。

一応、「まるっきり英語は初めて」というわけではないです。

しかし、小学校の英語の授業の下地だけで、この「ニュートレジャー」を中学でやっていくのは、かなりきついです。

この「ニュートレジャー」がどういう目的で編まれているか、公式サイトにはこうあります。

 

(以下、引用開始)

検定教科書だけでは「読む絶対量」が少なく、英語力の土台となる文法の解説も十分ではありません。

『NEW TREASURE』は、多彩な英文・豊富な語彙・充実した文法解説で、大学入試や実社会に対応できる英語力を身につけることを目指しています。

(以上、引用終わり)

 

「ニュートレジャー」は、一足飛びに大学入試を想定しています。

二華中のように、高校受験をスキップして、大学受験に焦点を合わせている中学の方針にドンピシャです。

これを中学入学してからすぐに使うわけです。

きついのは当然といえば、当然のことなのかもしれません。

ですから、二華中ガチ狙いの小学生は、学校の授業以外の場で、英語の手当てをあらかじめしておくことをお勧めしておきます。

次回に続きます)

 

 

▲このページのトップに戻る