仙台向山と仙台南とで迷ったら その2 2021/11/09

前回の続きです)

前回のコラムでは、「向山と南、どっちがいい?」に対するわたしの答えとして、5点、述べました。

ただ、大前提として、「本人がそこへ行きたいなら、そこが一番!」というのがあります。

「向山に行く!」

「南に行く!」

そういうハッキリした考えのある方は、迷いなくそこを選んでください。

しっかりした希望のあったほうが、後々の学校生活がよりよいものになります。

向山と南を見ていると、学校のあるところがお互いに近くても、校風が違うものだなあと感じます。

ちょうど、「仙台一高vs仙台二高」みたいなものです。

今でこそ向山と南は、難易度が接近し、南の偏差値が高く出ています。

が、難易度としては、長いこと「向山>南」でした。

そのようなこともあって、向山は南より校風が「やや緩め」という感じです。

そして、向山には制服がありませんが、南は制服があります。

学校からの課題に関しても、向山の生徒さんからは、「課題が多くてきつい」という話はあまり聞きません。

一方、南の生徒さんからは、「課題の多さ」について耳にする機会がしばしばありました。

南高の課題については、

「きっちり勉強している生徒さんなら、なんとかなりそう。

でもそうでなければ、大変かも」

と感じています。

次回に続きます)

 

▲このページのトップに戻る