小学生のご父兄向け 中学英語で「勝ち組」になるために その2 2022/04/02

前回の続きです)

彼らが学校で教わる英語、すなわち「小学校の英語」と「中学校の英語」ではギャップが大きいです。

その「ギャップ」とは.....

小5・小6では、これまで中1で扱っていた内容を、「浅く広く」学習します。

そして、中1になって、「本格的に深く」学習します。

ですから、中1の英語で習うものは、実はかなりの部分をすでに小学校で学習してきます。

早い話が、基本となる部分は、小学校と中学校で2回、習うというわけです。

「同じことを2回習うんだから、難しい、難しいって、そんなに大騒ぎすることでもないのでは?」

そうお感じになるご父兄がいらっしゃるかもしれません。

しかし、試験の内容を見ると、違いは明らかです。

 

<小学校>

初歩的な問題がほとんど。

記号で答える問題が多い。

英語を書かせる問題が少ない。

<中学校>

初歩からやや難しいものまで幅広く。

英語を書かせる問題が多い。教科書の文章量が多い。


特に小学生は、「英語を書く」ということを難しく感じます。

例えば、「book」を見て、「本」と理解するのは、小学生でもこなせます。

しかし、「本」という日本語から、「book」という綴りを正確に書くというのは、なかなかにハードルが高いです。

次回に続きます)

 

▲このページのトップに戻る