公立中学「通信簿3」=「3分の1は昔の2」 その1 2022/01/09

わたしのコラムでは、これまで何度か公立中学の「評定3」について書いて来ました。

「評定3」とは、通信簿にある「国語3・数学3」というアレのことです。

そして、この「評定3」は、「真ん中あたり」を意味していないことも述べてきました。

 

<関連コラム>

公立中学校 通知表の評定 今と昔でどう違う? その1

公立中学校 通知表の評定 今と昔でどう違う? その2

公立中学校 通知表の評定 今と昔でどう違う? その3

 

実はこの「評定3」というのは、かなり幅があります。

<関連コラム>で示した数字によると、今、「評定3」という数字がつくのは、実に全生徒の46.6%、ほぼ半分です。

そして、「5・4・3」という数字になっているのが、全体の85.6%です。

つまり、2や1がつくのは、15%程度でしかありません。

ご父兄の中学生の時代、約30%の生徒に2か1がついていたころとは、相当に様変わりしています。

ですから、「評定3」の3人に1人は、ご父兄の時代の2と同じということになります。

学校の評定の付け方が変わったのは、2002年からです。

これは、平成生まれのご父兄が中学生だったころに、そういうシステムになっています。

次回に続きます)

 

 

▲このページのトップに戻る