高校数学 赤点脱出の救世主「教科書ガイド」 その1 2022/04/19

去る16日から18日のコラムで、「教科書ガイド」について取り上げました。

 

<関連コラム>

中学生 塾で用意してくれない「これはあったほうがいい教材」 その1

中学生 塾で用意してくれない「これはあったほうがいい教材」 その2

中学生 塾で用意してくれない「これはあったほうがいい教材」 その3

 

このコラムを書いていて、高校生の数学指導のことを思い出しました。

今回は、高校数学と「教科書ガイド」のことを書いてみます。

さて、わたしのところには、ときどき高校生をお持ちのご父兄から数学の赤点対策のSOSが来ます。

SOSは偏差値45〜55辺りの高校生がコア層です。

ここに至るプロセスはだいたい共通しています。

こんな感じです。

 

(1)中学のときから、数学はあまり得意ではなかった

(2)高校に入ってから、入学したばかりのころは何とかなった

(3)しかし初めての定期試験で赤点、あるいは赤点ギリギリ

(4)以後、全然改善せず、今日に至る

 

そういうときの「お助け道具」として使っているのが、数学の「教科書ガイド」です。

赤点脱出のため、教科書を一から読み、例題、練習問題を解くということを何度も繰り返します。

その際、答え合わせをするために、「教科書ガイド」を参照します。

次回に続きます)

 

▲このページのトップに戻る